FC2ブログ

061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

なぜ心理士によるカウンセリングが必要で有効なのか

 こんにちは、心理士の浜島です。
 ここ最近は非常に暑いですね。
 私は、脱水症状にならないよう、こまめに水分を取るよう気をつけています。

 前回は、心理士は身近な方に背負いきれない心の重荷を一緒に背負う、
 というお話を紹介させていただきました。
 今回も、その続きを話させていただきます。

 もし、あなたが他人から、重い悩み事を打ち明けられたとしたら、あなたはどう思われるでしょうか。
 「話が重いな」と思われるでしょう。
 そして、このことを誰かに話したい、さもなければ、自分がつぶれてしまいそうな気持ちになってしまう。
 無意識に、こんなことを考えているのではないでしょうか。

 私たち心理士は、自分が心にどのくらい重い荷物を背負っているか、常に気を配っています。
 それと同時に、患者様ご自身が心にどのくらい重い荷物を背負っているか、ということも感じ取っていきます。

 「自分は今、どのくらい辛さを感じているのか」「相手は今、どのくらい辛さを感じているのか」
 と客観的に考える。これが、心の重荷を一緒に背負うとき、必要不可欠なスキルなのです。

 これは非常に難しいことです。
 私たち心理士は、そのための訓練を何度も受け、スキルアップに努めてきました。

 ですから、心理士の行うカウンセリングでは、心の重荷を安心しておろしていただくことができるのです。

 ついクーラーを強めにしてしまいがちですが、冷えにもご注意ください。
 お身体に気をつけてお過ごしください。

スポンサーサイト



【 2013/07/27 】 未分類 | TB(0) | CM(0)