071234567891011121314151617181920212223242526272829303109
月別アーカイブ  【 2014年08月 】 

緘黙

こんにちは、心理士の廣瀬です
もう8月も後半に入り、夏休みもそろそろ終わってしまう時期ですね。
猛暑が続いてとても暑いです。太陽で焼けるというより、熱で焼けるという気分を味わいました(笑)。
なんだな~と感じますが、あまりにも気温が高すぎると熱中症などの恐れも出てきます。暑さ対策をしっかり行っていきたいですね


今回は、「緘黙」についてお話したいと思います。
緘黙とは、言語の能力に対して障害がないにもかかわらず、しゃべらない状態のことを指します。
幼稚園や保育園への入園、小学校への入学を契機に発症する場合が多いのだそうです。神経症的不安によるものや、パーソナリティ発達に問題のあるもの、精神病水準のものの、3つのタイプがあります
場面緘黙」は、自宅では親しくしゃべれても、学校などの社会的な場所では声を出したり話したりすることができない状態を指します。声の出しにくさ等は、場所や活動内容によって違いがあり、様々です。すべての場合で声を出したり話せない状態を「全緘黙」とよびます。

この緘黙は、声を発することが難しいこともあって、周囲の誤解を受けやすいものでもあります。早い時期からの支援が必要であり、周囲の理解と支援がとても重要になってくるものでもあります。
対応としては不安緊張を和らげ、対人コミュニケーション能力の改善をはかる必要があるそうです。心理の場面では、遊戯や絵画などの非言語的な治療法が用いられています。

心療内科等へ相談に行けば、対処もできるのではないでしょうか。


もうすぐ9月ですね。
まだまだ暑い日が続きますので、体調管理に気を付けてお過ごしください。



引用・参考文献
改訂 心の臨床家のための精神医学ハンドブックp.303 編者 小此木啓吾 深津千賀子 大野裕 発行所 株式会社創元社
かんもくネット~場面緘黙とは~ http://kanmoku.org/kanmokutoha.html
スポンサーサイト
【 2014/08/26 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

気になる性格⑤

こんにちは。心理の亀山です
梅雨が明けて、息つく暇もなく暑くなりましたね
二ュースを観ていて気になったのですが、夏日、真夏日、猛暑日と色々な言い方があるんですね。
 
調べたところ、夏日は日最高気温が25℃以上、真夏日は日最高気温が30℃以上、猛暑日は日最高気温が35℃以上の日を指すそうです8月は猛暑日が続きそうですね

さて、今回は、自分の“フラストレーションへの反応”を意識して考えてみると、心持ちが楽になったり、視野を広く持ったりできるかもしれないというお話です

職場や家庭でうまくいかないことがあったとき、私たちの心にはフラストレーションが溜まっていきます

例えば、職場で、かっこよく活躍して上司に褒められたり、同僚にいいところを見せたりしたいと思っていたとします。しかし、実際はミスをしてうまくいかず、皆の前で叱責を受けてしまいます

認められたいという欲求を持っていますが、この欲求は満たされません。この満たされない状態に陥ることを、フラストレーション(欲求不満)状態といいます

そういった状態におかれると、心理的な緊張感が高まりますそこで、人は緊張を解消するために、フラストレーションに対する様々な反応を示します。例えば、失敗した原因を求めることもその一つでしょう。


この反応には、3タイプあることが有名です

①外罰的反応
フラストレーションの矛先を外に向ける外罰的反応です。「ミスをしたのは、取引先の理解不足のせいだ」「遅刻したのは、同僚が話しかけてきたせいだ」というように、原因を自分以外に求めます。他者を強く叱責したり、八つ当たりしたりするタイプだと言えます


②内罰的反応
原因を自分に求める反応です。原因が環境側、つまり、自分以外にあるのが明白だったとしても、「それを招いたのは自分」「自分がしっかりとしていれば」「もっと早く行動すれば良かっただけ」というように、何でも自分のせいにしてしまったりします

③無罰的反応
外罰・自罰的のどちらにも当てはまらない反応です。「天気が悪かったから仕方ない」「仕組みが良くない」というように、当事者以外の部分を問題視するところがあります。楽天的な反面で、責任をはぐらかし、現実的に対処できないことも出てくるでしょう

このように、3タイプがあると言われます。
皆さんは、これまでの自分を振り返ってみていかがでしょうか

もし、自分はこの反応に偏っているかもしれないと思われた場合は、いつもと違う視点を取り入れることをお勧めします。例えば、内罰的反応に偏っている方は、自分以外の環境や他者の問題も考えてみてください

では、本格的な夏を迎えましたが、お身体を大事にお過ごしくださいね


引用文献・参考文献
おもしろ心理学会(編) (2012).  図解 ここ一番で「武器」になる! 秘密の心理学ノート 青春出版社

【 2014/08/15 】 未分類 | TB(0) | CM(0)