071234567891011121314151617181920212223242526272829303109
月別アーカイブ  【 2015年08月 】 

学習障害とは

こんにちは、心理士の伊藤です
私の家の近くに公園があるのですが、毎日のように遊んでいる子どもの声が聞こえてきて、小さい頃、私もよく公園で遊んでいたことを思い出しました
こんなに暑いのに遊びまわっているんだと思うと子どものエネルギーはすごいなぁと改めて感じました

さて、今回は学習障害についてお話したいと思います

学習障害とは、知的能力には障害が認められないにもかかわらず、学習面において読字、書字、計算などに障害がみられることを指します。

文部科学省による定義をまとめると次のようになります。
・基本的には全般的な知的発達に遅れはない。
・聞く、話す、読む、書く、計算するまたは推論する能力のうち、特定のものの習得と使用に著しい困難を示す。
・その原因として、中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されるが、視覚障害、聴覚障害、知的障害、情緒障害などの障害や、環境的な要因が直接の原因となるものではない。

一般的に知的に問題がなく、発達の遅れが比較的軽いため、幼少期での発見は難しいとされます。また、就学後は単なる怠けと間違われることも少なくないため、発見されにくいとされます。

就学前であれば、ぎこちなさや多動などの行動面での不自然さや言葉の遅れなどによって、就学後には、学業不振を契機として不登校に陥るなどがきっかけで発見されることがあります。

学習障害の援助では、子どもの不得意の部分を得意な部分でカバーできるように援助することを基本とします。
例えば読むことができなのならば、聞いて覚える、パソコンを用いるといったことです。また感覚統合法社会的技能訓練(SST)などが用いられます。

まだまだ暑い日が続きますが、体調を崩さないようお気をつけください

参考・引用文献
心の病と精神医学 影山任佐
スポンサーサイト
【 2015/08/21 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

ストレス④

こんにちは。心理士の亀山です

季節は真夏となりましたね蒸し暑い日が続いていますが、夏バテなどされていませんか?

さて、ストレス③では、慢性的ストレスについてお話ししました。今回は、ストレス耐性についてお話ししたいと思います

ストレスに、そのつど対処していける方がいますそのような方は、ストレス耐性が高い(ストレスに強い)と言えます。ストレスに対処する方法が身に付いていて、多くのストレッサーに強い影響を受けずに対処していけます

ストレス耐性が高い方の特徴は、自尊感情が高いことだと言われています自尊感情が高いと、自分を肯定的に捉え、自分の考えや気持ちを大事にしていくことができます。問題が起きても、話し合ったり、解決したり、自信をもって進んでいくことができます

一方で、ストレスを感じると混乱が強くなる、ストレス耐性の低い(ストレスに弱い)方もいますこのような方は、限界までストレスを溜めてしまう場合がよくあります次に、架空の例を挙げます。

例)男性・40代・会社員Aさん
 Aさんは、就職後5年間にわたって今の職場で頑張ってきましたしかし、最近は人員削減で仕事量が増えてしまい、心身ともに限界です。上司にそのことを相談しましたが、「頑張れ。君なら出来る」と言われるだけでした。そのため、やむなく転職活動を始め、条件の良い会社を見つけました
 さぁ、今の職場を辞めて、新しい仕事を始めようか・・・と決断をしようとした時、何だか気持ちが急に苦しくなってきました。長いこと悩み、将来の決断がなかなかできません。冷静に考えれば、今の会社を続けることは難しいと分かります。しかし、判断していくことが苦痛です
考えるだけで、プレッシャーに押しつぶされそうになるのです。「辞めると告げたときに、上司は怒るだろうか」「転職しても、うまくいかないのではないか」と色々な心配が浮かんでは心に重くのしかかります

頑張る姿勢や期待に応える精神は、社会的にも奨励されることでしょう一方で、周りの期待に応え続けることは、現実的には難しいことです。Aさんの場合、限界までストレスを溜めてしまったようです

もし限界に至るまでに何かしらのストレス対処が出来たら、心身の負担は少しでも減らせたかもしれません。ストレス耐性の低い方の場合、自分の気持ちを話すことが苦手で、それがストレス対処の障害になっている場合もよくあります。

そして、心身ともに限界に至ったとき、仕事量が多すぎるストレス状況に対して、環境を改善するために上司に相談しました。結局は転職を決意しましたが、人生の決断をすることもまたストレス状況でした自尊感情が低い場合、自分が行動しても上手くいかない、悪い方向にいってしまう想像ばかりが浮かんできやすい傾向にあります。

さて、皆さんがAさんの立場だったら、どのように対処していたと思いますか自分だったら、どんな対処法をとるのか、とれるのか具体的に考えてみて下さいね

これからも、暑さは続きそうです体にはくれぐれもお気をつけください。


引用文献・参考文献
スーザン・R・グレッグソン ストレスのコントロール 大月書店
【 2015/08/16 】 未分類 | TB(0) | CM(0)