061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

認知行動療法の実際

こんにちは。心理士の筒井です。
梅雨が明けたばかりですが,もう真夏の日差しを感じます。
毎日暑いですね

最近,カウンセリングのなかで,認知行動療法に取り組むことが増えてきました。
今日は,認知行動療法についてお話ししたいと思っています。

認知行動療法の多様な技法については,セラピースクエアのブログにもいくつか載っているかと思います。インターネットなどでも結構詳しい情報が載っているので,来院される患者様のなかにも,ご自分で調べてよくご存知の方も多くいらっしゃいます。

そういった技法なども認知行動療法の特長的なところですが,実際にカウンセリングで認知行動療法に取り組んでいく時に感じる良さも知っていただけたらなと思います

カウンセリングというと,セラピストが患者様のお話を傾聴するイメージがあるかと思います。しかし,認知行動療法では,セラピストも説明や提案をたくさんさせていただきますし,患者様にも治療に積極的に参加していただいています。
治療の目標を決めて取り組んでいきますが,患者様にも意見やアイデアをだしていただきます。
宿題も一緒に決めてやってきてもらうのですが,大人になると宿題が出される機会も滅多にないので,「懐かしいですね」と学生の頃を思い出してお話が弾むことがあります。一方で,「宿題はちょっと…」と頭を掻いて苦笑いされる方もいらっしゃいます
そのような患者様の個性も生かして,わいわいとにぎやかなカウンセリングになっていきます。

認知行動療法に取り組んでいくと,患者様自身が治療をすすめていく主役であるといった意識が高まっていくように感じます。そういった患者様の積極的な姿勢を目の当たりにしますので,セラピストである私も元気をもらって前向きな気持ちになることが多いです。治療の経過のなかで,患者様とそのような時間をご一緒させていただけることがとてもうれしいです

治療効果が立証されている認知行動療法ですが,たちどころに症状が消えてしまうというものではありません。なかなか成果が出ず焦る時期もあるかもしれませんし,コツコツと地道に取り組んでいただくこともあるかと思います。
そのような時こそ,セラピストと共に試行錯誤しながら,治癒の土台となる基礎がためにしっかりと取り組んでいけるのではないかと思っています


それでは,暑いなかですが,熱中症などにお気をつけてお過ごしください。
スポンサーサイト
【 2016/07/30 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

思いやりの言葉

こんにちは。心理士の筒井です。
もう七夕ですね
職場で七夕飾りをつくった時に,短冊に願いごとを書かせてもらいました。
それだけで今年はいいことがありそうな気分になれました。

前回は,自分自身のこころに耳を傾けてみるお話をさせていただきました。
今回は,相手の気持ちに寄り添ってみることで,コミュニケーションや人間関係を良好なものにしていくことについて考えたいと思います

皆さんは,思いやりをもって接してもらえると,とても嬉しくなりませんか?
例えば,あまり体調が良くなくて気持ちも塞いでしまっている時に,さりげなく「大丈夫?」とひと声かけてもらえただけで,少し気が楽になって身体の緊張も緩むことがあります。
そのひとことのおかげで,気持ちも身体もほっとするんですよね

そのような相手を思いやるひとことが言える素地として,『相手の気持ちや意識を推量する想像力(田中2011)』が大切になってきます。
上述の例でいえば,普段よりも顔色が悪いということに気づいて,そういえば最近忙しそうにしていたから疲れが溜まっているんじゃないかなとか,そんな中で休まずに一日仕事をするのはつらいだろうな,すごく頑張って出勤してきたんだろうな,といった想像が巡ります。
相手の状況や経緯,心身の状態,気持ちといったものを想像できるからこそ,思いやりのある言葉をかけることができるのですね。

また,そういった相手に対するちょっとした気づきや思いやりを,こころの中で感じることはあるけれど,口に出して言うことはあまりないなという方も多いかもしれません。
なんだか気恥ずかしかったり、自分がそんなことを伝えても相手のつらさが和らぐわけでもないし…など、いろいろ考えてしまうこともあるかと思います

ですが、そのような何気ない思いやりのひとことが、日常の人間関係を良好に築いていく上で、意外と重要になってきます。自分自身に置き換えてみてください。つらくてもなんとか頑張っているときに、ねぎらいやいたわりの言葉をさりげなくかけてもらえたら、そのときだけでもほっとできたり、報われた思いになるのではないでしょうか。
また、言葉をかけてくれた相手に『ありがとう』といった感謝の気持ちを感じるかもしれません。このようなやりとりをきっかけとして、思いやりや感謝の気持ちが行き交う関係を上手に育てていけそうです。
皆さんも、飾らない言葉で十分ですので、そういった思いやりの言葉をいつものコミュニケーションの中でひとこと添えてみてはいかがでしょうか

では、日差しも一段と強くなってきました。
どうぞお身体ご自愛ください
文献:『対人援助者の条件 クライアントを支えていくということ』(2011)村瀬嘉代子・傳田健三編
【 2016/07/08 】 未分類 | TB(0) | CM(0)