0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

対人魅力

はじめまして、心理士都筑(つづき)です

最近は、本当に寒くなりました
皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか

今回は、『対人魅力』について注目してみましょう。

人が人に感じる魅力の事を『対人魅力』といいます

では、対人魅力がどうやって決まるのか。
それは「類似度」が大きく関わってきます。

「類似度」とは、自分と相手との間にある共通点の多さの事です。

例えば、性格服装の趣味が似ていたりする相手に、魅力を感じやすくなるかもしれません。

例えば、こんな実験があります

「2人1組の実験に参加する」という目的で、実験室に来てもらいます。

しかし、実験に参加する人の社会的態度をあらかじめ調べ、実験のパートナーの類似度を高めるか、低くするか設定しておきます。

その結果類似度の高い人に魅力を感じやすくなるという事が示唆されたそうです。

誰でも、いつも自分が正しくありたいという願望を持っていると思います。

自分自身と類似した態度や性格の人に接すると、「この人は私に似ている」
「話しやすい」といった快適な感情が起こります。

その快適な感情を与えてくれた人物に対して良い印象を持つようになるといわれています。
この一連の実験に用いられた手法を、研究者の人名を取って「バーンのパラダイム」とか
「類似度パラダイム」とよんでいます。

もう年末ですね。皆様よい年をお迎えください

引用・参考文献
コンパクト新心理学ライブラリ 1 心理学―こころのはたらきを知る― p.150-152
スポンサーサイト
【 2014/12/29 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL