0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

強迫観念について

こんにちは
初めまして心理士の伊藤です
4月になって、気温も暖かくなり、お花見やピクニックなどお出かけしたくなる季節になってきましたねチューリップなどが咲いていると春を感じます

さて、今回は「強迫観念」についてお話したいと思います

阪神大震災で被災した人たちは、「また地震が起こるのではないか、起こったらどうしよう」ということが頭から離れなかったといいます。あれほどの大災害ですから、ごくごく自然なことですが、多くの人たちは日がたつうちにしだいにそれも和らいできて、落ち着いていったようです。
ところが、なかには「再び地震が来るのでは」という考えがどうしても頭の中から離れず、不安になって、日常生活もままならない状態になられた人がいました。いくら大丈夫だと自分に言い聞かせても、どうしてもその考えが頭から離れないのです

このように、ある考えが心を占めつづけ、意識して取り除こうとしても除けず、日常生活に支障をきたすような場合、そのような考えを強迫観念とよびます。
「人間はなぜ生まれたのか」といったような疑問が頭を離れずほかのことができない、あるいは「自分は他人に暴力をふるってしまうのではないか」、「○○をしなければ悪いことが起こるのではないか」といった考えが頭を離れないなど、いろいろなかたちがありますが、いずれにしても、本人は追いはらおうとしてもはらえない考えにつきまとわれており、相当な苦痛を感じているのが特徴です

こうした考えを打ち消そうとして、意味のないこととわかりつつ同じ行為を繰り返してしまうこともあります。例えば、手がひどく汚れている気がして数時間も手洗いを続けるなどの行為がそれにあたりますが、こういった場合は、強迫観念とは区別して、強迫行為とよびます。

強迫観念、強迫行為のいずれにしても、心の中にある不安と深く結びついており、カウンセリングなどの心理療法でその不安の変容を図ることが大事だと考えられています

4月になり、新しい環境で身体も心も疲れている方が多いのではないでしょうか
無理をせず、身体を大事にしてお過ごしください

参考・引用文献
はじめての心理学 編 氏原寛 松島恭子 千原雅代
スポンサーサイト
【 2015/04/24 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL