0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

こんにちは
心理士の伊藤です

最近はだんだんと涼しくなって過ごしやすい季節になってきました
もっと気温が低くなると紅葉が始まりますね
紅葉を見て秋を感じるのも心が穏やかになりそうですね

さて、今回は「マインドフルネス」についてご紹介したいと思います。

マインドフルネスとは、自分の身体や気持ちの状態に気づく力を育む「こころのエクササイズ」です。
欧米では、すでにその効果について多くの実証的研究報告があり、
ストレス対処法の1つとして医療・教育・ビジネスの現場で実践されています。

マインドフルネスとは、「今この瞬間」の自分の体験に注意を向けて、現実をあるがままに受け入れることです。

・今、この瞬間に、価値判断をすることなしに意図的に注意を向けること
・今すでにそうあるものをただありのままに感じる、努力を伴わない活動
・行為するモードから、存在するモードあるいはモードへと移行すること
・自分の存在の核との親密さを開拓すること

ありのままを観察し、ありのままを感じることが有用です。
「自分の心にこういう動きがあるんだなぁ」とただ気づく。
「こういう感情があるなぁ」と感じる。
「こういう考えが湧いてきたなぁ」とただ観察する。
穏やかで静かで優しいまなざしを持って観察する。

1日のうち、数分であっても、何もしない時間を自覚的・意図的に持つことによって、ほとんど無自覚で反射的な心の力みへの気づきを高めることができます。

マインドフルネスを実施すると、ストレスな場面においても否定的な感情や物事にとらわれ飲み込まれることなく、いつでも自分を取り戻すことができるようになります。

マインドフルネスは、しなやかで豊かなこころを目指します。
マインドフルネスを習得できると、これまで苦手で、ストレスを感じていた場所にいつでも向かうことができ、ストレスを自分の力で対処できるようになり、自分らしい人生を送ることが可能になります。

日々の生活の中でゆっくりと自分の気持ちと向き合う時間ってあまりないですよね。そういう時にマインドフルネスを取り入れてみてゆったりとした時間を過ごしてみるとよいのではないでしょうか

だんだん寒くなってきますが、体調を崩さないようお気をつけてお過ごしください(^0^)
スポンサーサイト
【 2015/10/06 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL