FC2ブログ

071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

話し合い①  「相手を尊重しよう」

こんにちは心理士の亀山です
暖かかったり、寒かったりしながらも、やっぱりもう春ですね。家の周りでは、タンポポが咲いています。春の到来を感じると、いくつになっても心が華やぎますね

さて、ストレス⑨では、話し合いの二つの目的についてお話ししました。これらかしばらくは、“話し合い”について取り上げたいと思っています

まずは前回のお話を思い出してみましょう前回は、“話し合いでは、相手に自分の意見を聞き入れてもらえればいいというのではなく、相手の気持ちや考えも理解できるように努めていくことが大切だ”とお話ししました

つまり、話し合うときには、相手を尊重して、対等な立場であることを意識すること が大切であるということです

相手を尊重し、敬う気持ちを大事にしてください。自分が正しい、相手が改めるべきだという前提のもとの話し合いは、相手の気持ちを軽視したものとも言えます

多くの方がそうだと思うのですが、“自分を否定する人”や“責める人”の近くにいたいと思う人はいません自分を責めてくる人を好意的にみることは難しいものです。頭ごなしに悪いと決めつけられたり、一方的に話されたりすると、ついつい感情的に反発したくなることもあるでしょう

「相手の言っていることは分かるけど、でも、納得は出来ない。どうしても、腹に入らない」といった状態です皆さんの中にも、思い当たる経験はありませんか。

そうなると、せっかくの話し合いの場が言い合いになってしまうかもしれません。言いたいことを言うだけの場です。話し合いという、お互いの考えや価値観が交流して、理解したり、気付きから成長したりする場ではなくなってしまいます

問題の解決どころか、相手との関係をぎくしゃくしたものにさせる可能性も高くなるでしょう。しかし、相手を尊重し、敬う気持ちを大切にする心構えを持つことで、それを少しでも軽減させられるかもしれません

こういった心構えは、話し合いの随所で表れるものだと思います。表情、言葉遣い、話し合う場の選び方などです。次回からは、話し合いのポイントを事例を通して考えていきたいと思っています


では、春の日ざしの下、お健やかな日々をお過ごしください

引用文献・参考文献
スーザン・R・グレッグソン ストレスのコントロール 大月書店

スポンサーサイト
【 2016/03/16 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL