FC2ブログ

021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

医療機関で行われるカウンセリングとは

 こんにちは、心理士の浜島です。
 とても暑い日が続いています。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

 さて、前回は心理士がカウンセリングを行う理由についてお話しさせていただいていました。今回は、医療機関で心理士がカウンセリングを行うということについてお話しさせていただきます。

 医療機関に勤務している心理士は、全て医師の指示のもとカウンセリングを行っています。医師は指示するだけではなく、治療において常に心理士と連携して治療にあたっています。

 カウンセリングの場では、心理士は患者様の様子を細やかに感じ取っていきます。何らかの問題の芽を見つけたら、速やかに医師と連携し、悪化をくい止め改善するべく、あらゆる方法をとっていきます。

カウンセリングによって洞察を深めていく過程で、一時的に精神状態が悪くなることは少なくありません。こういった場合、心理士と医師との協働で対処していけば、速やかに元の状態に戻っていただくことが可能です。

患者様の急な問題に対応し、医師が速やかに治療できるということは、心理士のみが在籍するいわゆるカウンセリングルームや、スクールカウンセラーには無い強みと言えます。

 カウンセリングルームや学校などで相談のあったケースが、医療機関に紹介されることは少なくありません。医師の治療が必要だと心理士が判断したケースは多いのです。

 安全な治療・有効な治療・選択肢が多い治療を考えた時、心理士によるカウンセリングができる医療機関をぜひ選択肢にいれるべきではないでしょうか。

 猛暑が続くことが予想されます。みなさま、お身体に十分お気をつけください。
スポンサーサイト



【 2013/08/12 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL