0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

生き方の術

こんにちは。心理士の河野です。2月が来て豆まきをしたなと思っていたらもうもう3月となりました。早いですね。
 さて皆さまは「ライフスキル」という言葉を聞いたことがありますか?ライフスキルというのは、生き方のテクニックみたいなことです。
 世界保健機構(WHO)が個人が生活の欲求や難しい問題に対して、より建設的、より前向きにかつ効果的に対処するために必要不可欠な能力としたスキルのことです。

 ライフスキルは性格を変えるといったものではなく、どうしたらその人にとってより良い日常生活を送ることができるか、ということを知り実践していく技術のことでもあります。

 例えば成人になっても「私は料理ができない」と思っていたとします。それは、頭が悪いとか性格的に問題があるといったことではなく、料理をする体験が少なく知識がないまま過ごしてきたからだと考えられます。「料理ができない」=「ダメな自分」ではないのです。
 料理をするスキルを学び、料理が必要な場面に身をおけばおのずと料理のスキルはあがってくるものだと考えられます。
 世界保健機構が述べているライフスキルを構成している10の項目があります。少し難しい言葉が並びますが、書いてみます。

自己認識
共感性
対人関係スキル
効果的コミュニケーション
意思決定スキル
問題解決スキル
創造的思考
批判的思考(クリティカル思考)
感情対処スキル
ストレス対処スキル

 今回は「自己認識」について少しわかりやすく書いてみたいと思います。
「自己認識」とは、「自分の良いところを発見し、好きになり、自分を大切にできる自己肯定能力」です。10項目の中でも特に基盤となるのがこの自己認識でもあります。この自己認識がしっかりできるようになると
「わたしはわたしのままでいい」
 と思えるようになります。
 わたしはわたしのままでいい、と思えるのは、相手に合わせて無理をしたりしない、ということです。例えば、相手に無理をして合わせている時、相手のことを考えているようで、実は自分が相手から嫌われたくないと思う心理が働いています。素の自分をさらけ出し、弱みを見せることができると、相手の弱みも許すことができるようになります。そうして、自分への自信が作られていくのが自己認識です。
 前向きで効果的な日常を送るために、ライフスキルについて少しずつ学んでみたいと思います。

次回はライフスキルの項目の中の「共感性」について考えてみたいと思います。

 来週からは少し暖かくなるとニュースで話していました。それでも朝晩の冷え込みはまだ続きそうです。マフラーやブランケットで寒さを調節しながら今年の冬を過ごしていきたいですね。

 参照:コトバンク
    自分を「ごきげん」にする方法
スポンサーサイト
【 2014/02/28 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL