FC2ブログ

071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

ライフスキル~共感性~

 こんにちは。心理士の河野です。今年の桜は見ごたえたっぷりありましたね。今は葉桜となっていますが、皆様は花見を楽しみましたでしょうか。私は通勤の車や電車の中から楽しみました。そうして新年度もスタートいたしました。

 さて前回は「ライフスキル」(生活を建設的、より前向きに生きていくための必要不可欠な能力)の「自己認識」(自分を好きになり認めること)について考えてみました。
 今回は「共感性」についてみていきましょう。

 「共感」という言葉は少なからずどこかで聞いたことのある言葉ではないかと思います。悩みを打ち明けている友人の言葉に共感した、などと使われることが多いと思います。一般的には良い意味として使われることが多いですね。
 
よく似た言葉に「同情」があります。共感と同情の違いはなんでしょうか。
 それは話をしている本人に一体化して話を聞くかどうか、ということです。
「同情」の場合は相手と自分を一体化してしまい、相手の気持ちの中に自分の気持ちも埋没してしまうことをいいます。
 一方、共感とは、相手の話したいことの内容を汲み取り、相手のことを理解しようとする体験のことです。相手の感情にも自分の感情にも巻き込まれず、相手の言いたいことをしっかりと受け止めることを「共感」と言います。

 共感性を高めることで、周囲の人たちとのコミュニケーションが格段にうまくなります。相手の言っている言葉に同感するのではなく、その言葉を通じて相手が何を伝えたいと思っているのかを感じることです。しかしこれはとても難しいことです。特に日本人には個人対個人という対人関係の文化国ではないのであまり親しみのないスキルだと思います。
 それでもこういうスキルがあることを頭のどこかに入れておくことで、相手のことを理解しようという気持ちが伝わるものかもしれません。

次回はライフスキルの項目の中の「効果的コミュニケーションスキル」について考えてみたいと思います。

 春らしく花がたくさん咲き始めて心癒される時期になりましたね。花粉症の方々にはつらい季節かもしれませんが、マスクとサングラスでしっかりと花粉を防ぎつつ、春の花々を楽しみたいですね。

 参照:コトバンク、心理臨床大辞典(倍風館)
スポンサーサイト
【 2014/04/11 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL